« Nehalem 2.93GHzのベンチ | トップページ | タイタニア、アニメ化ってマジ!? »

2008年7月11日 (金)

GoogleUpdate

Googleツールバーさえインストールしなければ、マルウェア・スパイウェアの類は入らないと思っていた時期がありました・・・。

ちょっとした好奇心でLivelyをインストールしたところ、プロセスリストにGoogleUpdate.exeなるものを発見。
そんなもののインストールを許可した覚えはないので、Livelyをアンインスコしたところ、GoogleUpdateは削除されない模様。
サービスにGoogleUpdateがあったので、停止してみる。しかし止まらない・・・。
Program Files\Google以下に、GoogleUpdateHelper.msiを発見。msiexec /xで駆除を試みるものの、削除されない。
Regsvr32 /u で片っ端から登録解除するものの、GoogleUpdate.exeそのものはなくならない。
最終手段として、手動で片っ端から関連項目をレジストリから削除。
再起動し、システム上の痕跡がないことを確認してProgram Files\Google以下を削除。
これでようやく綺麗になった(はず)。

相当後ろめたいことをしているのか、削除の困難さはかつてのApple QuickTime For Windowsを思い起こさせます。
個人的に二度とAppleの製品は使うまいと心がけて、はや数年。
今度はGoogleですか・・・。

------------------------------------------------------------------

(9/18追記)

VirtualPCとXPを使って、Google CromeとGoogle Updateの再検証をしてみました。

まず、CromeをアンインストールしてもUpdateは削除されませんでした。まぁ、変わらない挙動ですね。その割に極悪な仕様ですけど。

以前はサービスとしてGoogleUpdate.exeが登録されていましたが、それは無くなったようです。制御できないんだからあっても仕方ありませんが。
その代わり、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Runに、OS起動時にGoogleUpdate.exeを/cオプション付きで実行する記述が追加されたようです。

サクッと削除すると、次のOS再起動からGoogleUpdate.exeがプロセスリストから消えました。
当然といえば当然の動作ですが、以前はそうではなかったのがオソロシイところです。

このままでも、多少のレジストリのゴミとストレージのムダが残るだけですからほっといてもよいのかもしれませんが、個人的には徹底的に削除したいところです。

regsvr32.exe /u "C:\Documents and Settings\!!ユーザー名!!\Local Settings\Application Data\Google\Update\1.2.131.11\npGoogleOneClick5.dll"

だとか

Windows Registry Editor Version 5.00
[-HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{2F0E2680-9FF5-43C0-B76E-114A56E93598}]
[-HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{31AC3F11-E5EA-4A85-8A3D-8E095A39C27B}]
[-HKEY_CLASSES_ROOT\GoogleUpdate.OnDemandCOMClassUser]
[-HKEY_CLASSES_ROOT\GoogleUpdate.OnDemandCOMClassUser.1.0]
[-HKEY_CLASSES_ROOT\Interface\{31AC3F11-E5EA-4A85-8A3D-8E095A39C27B}]
[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Google]
[-HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Google]

だとか

RD /S "C:\Documents and Settings\!!ユーザー名!!\Local Settings\Application Data\Google"

などといった呪文を駆使して対処しましょう。

なおVistaがどうとか、パソコンがぶっこわれたなどというクレーム等は一切受け付けません。

------------------------------------------------------------------

(09/5/4 さらに追記)

Google Earthのアップデートを何ヶ月かぶりにしてみたところ、やっぱりGoogleupdateが「無断で」インストールされてました。

が、サービスから無効にする事で簡単に止まりました。

レジストリのゴミは相変わらずですが、この程度は許容範囲でしょう。

MSがこんなことしたらあっちこっちで非難囂々のはずなのに(現にそうだ!)、AppleとかGoogleはもっと悪質な事をしても叩かれないんですよね。

|

« Nehalem 2.93GHzのベンチ | トップページ | タイタニア、アニメ化ってマジ!? »

コメント

参考にさせていただきました。
僕もLively入れてしまってからこれに悩んでました。
ありがとうございました!

投稿: SiN | 2008年8月17日 (日) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Nehalem 2.93GHzのベンチ | トップページ | タイタニア、アニメ化ってマジ!? »