« Intelのジレンマ | トップページ | 三国志Online: 合戦に参加する際の基本的な知識(仮) »

2008年11月 7日 (金)

タイタニア 第5話 憧れと、誇りと

Snapshot20081107000424

我慢してここまで見てきましたが・・・、これはちょっと厳しいですね・・・。

とにかくキャラデザに慣れないのと、脚本の浅はかさがつらすぎます。

今回は原作には無いオリジナル回なので、脚本が特にひどかった。
少なくともジュスランはあの世界における知性の象徴な訳だから、あんな意味不明な失敗はしないはずで、話の流れ的にも面白みが無く実にしょぼい。

キャラデザは小説の挿絵があったはずなのに、こんなイメージとかけ離れたものにする必要があったのかはなはだ疑問です。
ヒューリックと系統をダブらせるなんて、どこまで無能なのかしら。

|

« Intelのジレンマ | トップページ | 三国志Online: 合戦に参加する際の基本的な知識(仮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Intelのジレンマ | トップページ | 三国志Online: 合戦に参加する際の基本的な知識(仮) »