« 新マシン建造計画を考える会 | トップページ | 三國志Online: 旧世代の遺物 »

2009年1月16日 (金)

女房とOSは新しい方がいい

とノイマン博士も言ったとか言わなかったとか。

Windows7βのリリース(あるいは意図的な流出)からしばらく経ちますが、いじるのが楽しすぎてテレビとかパソコンが壊れた(いまだに正確な原因が不明!)事がどうでもよくなる日々です。

ドライバの署名の確認を無効にしないとFriioが使えないとか、32bit/64bit同梱アプリの切り替えがうまくいかないとか、細かい点での不満は多々あるものの、Vistaのクソさに比べればはるかによくできたOSだと断言できます。

ただまぁ、このままXPが捨てられるかというと甚だ怪しい部分があるので、とにかくDirectX11アプリを早期にローンチするなどして、7に移行せざるを得ない環境を作っていただきたいなぁと痛切に感じる次第であります。

|

« 新マシン建造計画を考える会 | トップページ | 三國志Online: 旧世代の遺物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新マシン建造計画を考える会 | トップページ | 三國志Online: 旧世代の遺物 »