« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月23日 (日)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第16話 タクトのシルシ

16

ここに来てようやく、タクトが島に来る前の話が語られました。

それにしてもタウバーンに乗って綺羅星十字団と戦うことが、「やりたいこととやるべきことが一致」しているとは思えませんが、まだまだ語られていないことの方が多いんでしょうね。

ミズノと「疑似家族」ですが、あれはまぁミズノの二重人格的なものが自身の強力な第1フェーズの力によって具現化したのでしょう。

だとすると、ラストのシーンが???となりますが、物語から退場するキャラの特権って奴ですかね。

とにもかくにも、榎戸洋司氏による新たなる革命の物語は終幕に向けて突き進む・・・と思いきや、次回は今さら新キャラ&水着回、だと・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月21日 (金)

※深蒸し茶の発祥は菊川

掛川の親戚から電話があって、テレビで掛川のお茶が取り上げられるから観てくれという。

・・・いやいや、深蒸しの発祥は掛川じゃねーから。

ちゃこちゃんなめんじゃねーぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

浜松では雪が積もったそうですが

菊川では雪は降ったものの、積もるところまではいきませんでした。

とはいえ、菊川で雪が降ること自体珍しいので、とてもテンションが上がりました。

地球温暖化というのは恐ろしいですね。

おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

とかなんとか言いつつ

実はダマテンで2600Kを買うつもりだったんですが、各種ベンチマークを鑑みるにやはりメインマシンを更新するには少し力不足かな、と。

4gamerのベンチマーク記事で2600Kを5GHzまでOCした結果が出ているんですが、今常用している980X@4.5GHzと比較すると、コア数がモノを言うバイオ5では50FPSもの差があり、そうでもないDirt2でも5FPSほど980Xが上回っていました。

少々盛ればウチの980Xでも5GHzで回りますし、これを更新するならやっぱり6コア以上のものを狙いたいなぁ…。

それでもコスパで比べれば段違いなだけに、もし昔みたいな頻度で配信をしていたら、エンコPCだけでも買い替えていたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

改めて去年の年頭の記事を読み返しますと、

>三国志オンラインは今年が正念場と言えるでしょう。
>春に予定されている拡張パックの「発表」の内容によっては、運営自ら止めを刺す事になりかねません。
>個人的には、合戦配信だけをモチベーションとしていく状況は当分変わりそうにありません。

などという死亡フラグそのものな事を書いていたりして、汗顔の極みであります。

そして、

>PCは、DirectX11と32nmプロセスが今年のキーワードとなるのでしょうか。
>Core2もさすがに飽きたので、もしかしたら32nm/6coreのGulftownに触手が伸びてしまうかもしれません。
>以前、Sandy Bridgeまでスルーすると書いたことがあるような気がしますが・・・。
>DirectX11、というかGPU全般でNVIDIAの凋落っぷりが激しいものがある昨今ですが、GTX295で力不足という状況は未だに遭遇しませんので、ATIのDX11カードをうっかり買ってしまうという事はなさそうに思われます。

予告通り、GulftownことCore i7 980Xをうっかり買ってしまい、ATIのDX11カードもGTX 580もうっかり買ってしまったという事は周知の事実であります。

バカ丸出しです。

さて、今年の展望ですが。

ゲームに関して言えば、特に国内ゲーム業界は全く興を削ぐような状況であります。
どう考えても一昔前のサラ金業界のCM攻勢を彷彿とさせる(そしてその社会に与える悪影響も似ている)ソーシャルゲームや、各種スマホだの3DSだのといった携帯ゲームは私の心の琴線を響かせません。
ま、別に存在することはいいのですが、業界全体がカジュゲー一辺倒というのは自らの首を絞める行為ではないでしょうか。
それも含めてネタになりそうなタイトルがありませんので、少なくとも今年前半はゲーム配信をすることはほとんどないでしょう。

PCは、AVXを始めとする拡張命令によるシングルスレッド性能のブレイクスルーの年となるでしょう。(新しいコードを必要とするという意味では、GPGPUなどもこの範疇に入るでしょう)
というかまぁ、これは予想というよりは、希望・願望の部類ですが。
ので、過去のキラータイトルのAVX最適化などの動きがみられるようであれば、SandyBridgeを買ってしまうかもしれません。
ただ、整数性能的に980Xにはやや及ばないようなので、SandyBridge-Eが本命となるでしょう。
また、AMDやNVIDIAにとっては、TSMC(やGF)の新プロセスがうまく立ち上がるかが勝負の年であります。
うまく立ち上がったあかつきには、私のGTX580も即お払い箱という事になるでしょう。

今年もこんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »