« CP終了で俄然現実味を帯びる、EE4によるH.264 Web配信計画 | トップページ | 菊川市も停電中 »

2011年9月16日 (金)

WizardryOnlineのファイナルクローズドベータ

楽しみにしてたんですが、ソロではとてもプレイできないぐらいイライラ度が向上してました。

ソロで進められないのはそのゲームの思想ですからいいのですが、チュートリアル後の初めてのダンジョンの途中で武器の耐久度がなくなったときはびっくりしました。

おかげで2番目の中ボスであるビートルの大群との戦闘が、1匹に見つかるとすべての敵が反応するようになった変更もあいまって、戦闘音楽が2週するぐらい時間がかかりました。

まぁ、そこはそういうゲームらしいですからどうでもいいとして、一番の問題点はイライラ度の見返りがないということでしょうか。

はっきりいってそこまで我慢してやる価値がないんじゃないかなぁ、このバランスだと。


耐久度の修正が入ったようですが、クエストの敵を5体倒して帰ったら耐久度が三分の一減ってました。

操作性からゲームバランスまでストレスがたまりまくる仕様はひどくなる一方で、強制的に観させられるデモまで追加されてる始末。

難易度を上げることに血道をあげすぎて、肝心の面白さがまったくないというのはどういうことなんでしょうか・・・。

|

« CP終了で俄然現実味を帯びる、EE4によるH.264 Web配信計画 | トップページ | 菊川市も停電中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WizardryOnlineのファイナルクローズドベータ:

« CP終了で俄然現実味を帯びる、EE4によるH.264 Web配信計画 | トップページ | 菊川市も停電中 »