« まったく | トップページ | Skyrim: High Resolution Texture Pack »

2012年2月 8日 (水)

Gefoeceのドライバ

には、バグなのか仕様なのかわかりませんが、(少なくともDELLのディスプレイでは)正しいアスペクト比で表示されないという問題があります。

例えば、1920x1080で設定してるのに、16:9のディスプレイで黒枠が表示されるって奴ですね。

少なくともWindows7ベータ用の最初のドライバにはあったはずですので、数年単位で持ち越されているバグな訳です。だからもう仕様だといっていいでしょう。

これはWindowsデスクトップは1920x1080なのに、ディスプレイ側になぜか1920x1200で認識されるために生ずる現象ですが、大分前にカスタム解像度を新たに設定して上書きするという対処方法が見つかりました。

また、その後、スケーリングをGPUかディスプレイに行わせるか設定できるようになったりして、ほぼ問題は解消しました。
が、これはこれで解像度ごとに設定できなかったりして使ってませんでしたが。
(そもそも間違った解像度で認識される問題の方をいい加減何とかしやがれと思わなくも無いですが)

しかし、最近のドライバ(295.51以降)ではクローンディスプレイ時になぜかカスタム解像度の設定を使ってくれないという、しょうもないエンバグが行われ、クローンディスプレイでやるしかない配信時にはストレスがたまる一方です。


このブログではRadeonのCCCの話はあまりしませんが、エンコードPCであったり他のPCには何台かRadeonが載っています。

これはこれでクソまみれなドライバ&コンパネですが、.NETアプリな段階でいじりたくもなくなるのはなぜなんでしょうね。

|

« まったく | トップページ | Skyrim: High Resolution Texture Pack »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gefoeceのドライバ:

« まったく | トップページ | Skyrim: High Resolution Texture Pack »