« やっぱ | トップページ | BLACKCAS »

2012年2月12日 (日)

最低限のSEOとしてのSkyrim

実際問題、アフィブログでも運営していない限り、個人がGoogle先生からどう認識されていようが関係ない訳です。

が、Googleからたまに送られてくる、Adwordsのお試し券を使ってみたいと思うとそうは行かなくなります。

まぁ、本格的に自分のサイトなりブログなりを宣伝したいと思っているなら、キーワードに「Peercast」だの「配信」だのわかりやすいものを設定しておけばいいのですが。

別に私は自分の配信を見てもらいたいわけでもないし、ブログなんて自分の文章能力の無さを遺憾なく露出しているだけですから、逆に隠したいぐらいのモノです。

なので、「放置ch」というキーワードを設定するとします。これなら私を知っている人か、少なくともYPブラウザを使っている人だけが使う検索ワードですから、宣伝という意味合いは無くなります。

しかし、この場合、「放置ch」さんのネット上での存在感の無さが問題となります。

Google先生はそんなものの存在を知りませんから、Adwordsのキーワードとして設定できないのです。

そうなるとGoogle先生に自分のことを猛烈にアピールしなければなりません。

そこで有用なのが、ゲーム・アニメ・時事ネタです。今回はSkyrimをチョイスしました。

するとどうでしょう。2月8日の私のブログへのアクセス数は、平均アクセス数の5倍以上となり、Adwordsのキーワードとしての「放置ch」もめでたくアクティブとなりました。

というわけで、しばらくの間、Googleで「放置ch」を検索すると、下の方になんか出ます。

ちなみに、このブログにたまに、かつ唐突に出てくるアニメネタは、もちろんGoogle先生と戯れるためだけに書かれた釣り記事です。

|

« やっぱ | トップページ | BLACKCAS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最低限のSEOとしてのSkyrim:

« やっぱ | トップページ | BLACKCAS »