« 見えてきた菊川対決、しかし地元は | トップページ | でもね »

2013年7月27日 (土)

菊川勢で決勝

延長15回までもつれこんだ闘いの結末は、完全に打ち取ったフライを落としてしまうという信じられない幕切れでした。
菊川南陵は最後まで相手ピッチャーを打ち崩せず、また延長以降は毎回あと1ヒットでサヨナラというところまで追い詰められながら1年生ピッチャーが何とかしのぎきりました。
これで夏の甲子園・静岡大会は常葉菊川と菊川南陵という、菊川勢同士の決勝という事になったわけですが・・・。
それにしても、どちらを応援するのか困ってしまうな。
どちらかというと旧菊川町側な分、常葉の方が勝ってもらいたいかなぁ。
旧国際海洋時代のごたごたを考えると旧小笠町側の住民も複雑だろうけど。

|

« 見えてきた菊川対決、しかし地元は | トップページ | でもね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊川勢で決勝:

« 見えてきた菊川対決、しかし地元は | トップページ | でもね »