« もう色んな意味で終わってるというのに | トップページ | Ivy Bridge-Eのベンチが解禁 »

2013年9月 2日 (月)

SSDの寿命とは

FF14がまたやってきて、FF14の為に買ったSSD、RealSSD C300の事を思い出しました。もう3年も前の事になります。

購入当時

↑これが購入当時(2010/8/31)のスコアです。
この当時のファームウェアではTRIMが機能しておらず、書き込み速度がどんどん低下していきました。そして、

201104

↑のようなスコアになりました。これが2011年の4月の話です。

0007

↑その後、OS再インスコやら新ファームウェアやらで、書き込み速度は回復しました。

それからなんやかんやあって、2年と3ヶ月ほど経過したC300のスコアがこれだ。

C300

使用時間は12500時間を越えていますが、まったくと言っていいほどスコアが変わりません。

サーバーで使ったりすると書き込み量がはるかに違いますから、こうはならないのでしょうが、コンシューマーユースではまだ数年は使えそうですね。(メインPCでは使ってないけど)

このC300の後に買ったHDDからは、もう何台も壊れはじめたものが出てきていますから、信頼性はかなり高いといえるでしょう。

ただまぁ、HDDを完全に駆逐するにはやっぱり容量がまだ少ないし、ビットあたりの単価が高すぎるかなぁ・・・。

|

« もう色んな意味で終わってるというのに | トップページ | Ivy Bridge-Eのベンチが解禁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SSDの寿命とは:

« もう色んな意味で終わってるというのに | トップページ | Ivy Bridge-Eのベンチが解禁 »