« 信長の野望 創造の発売日が1ヶ月延期 | トップページ | R9 290Xが549ドルと聞いて »

2013年10月20日 (日)

垂直同期の問題を解決するG-SYNC

ディスプレイ側ではなくてGPU側でリフレッシュのタイミングを決めさせるというのは、誰でも思いつきそうで誰もやってなかったんだよなぁ。
120Hz以上対応ディスプレイがある現状では、どっちかっつーとハイエンドよりもミドル以下に恩恵がありそうな技術だけど、物理的に60fps以上出ないゲームもあるから、これから買い換えるならG-SYNC対応のモノが優先になるだろうな。
ビデオ再生ではG-SYNCの有無で大きな差が出てくるんじゃないかなぁ。混合フレームレートの映像を無駄なく完璧に再生するにはこれしかないし。

問題は、NVIDIAがこれを標準技術にする気がまったく無いことだな。
どんなにいい技術でも1社独占じゃ、値段が下がらない→普及しない→値段が下がらないの無限ループだし。
ディスプレイメーカーだってコストアップの上に(Kepler以降の)Geforce専用じゃ売りにくいだろう。

|

« 信長の野望 創造の発売日が1ヶ月延期 | トップページ | R9 290Xが549ドルと聞いて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 垂直同期の問題を解決するG-SYNC:

« 信長の野望 創造の発売日が1ヶ月延期 | トップページ | R9 290Xが549ドルと聞いて »