« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月30日 (木)

今日はVita版アマガミの発売日です。

当然予約注文していたのですが、まだ発送すらされてません。
まぁ、別にいいんですよね。

今日届いてたところで、Vita持ってないんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

「信長の野望」30周年記念コンサート当選のお知らせ

だ、そうだが・・・・。

行きたいけど、スケジュール的にどうなんだろうなぁ・・・。(だったら応募すんなって話だが)
1日あけれたら、同じ横浜市内にあるらしいコーエー本社もついでに見てくるというのも面白いかもな。
ほんとは招待券1枚で何人か入れたらよかったんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

コーエーのサポートはこんな前時代的で本当に大丈夫なのか

OS再インストールしたら、信長の野望・創造のDLCのシリアルコードが使用済みで通らなくなりました。

ゲームそのもののシリアルは市民IDに紐付けられるのに、DLCだけなんで別管理なのかとか、そもそもこの認証システムは穴が大きすぎないかとか色々突っ込むべきところはあるが、ディスクチェックもめんどくさいし、これはこれでよしとしよう。
 
と思っていたら、シリアルコードのリセットの手続きでイライラが爆発ですよ。
 
リセットを依頼するためにメールフォーム(プレーンな)を使わなくてはならず、使えなくなった理由と、本体とDLCの各シリアルコードを書けという。
 どう考えても、サービス提供側がこういう理由で使えなくなりました、ごめんなさい、というべきで、ユーザー側がなぜ理由を考えて書かねばならないのか。
 そもそもメールフォームに行くには市民IDの認証をしなければならないのに、市民IDに紐付けられたシリアルコードをなぜ再入力しなければならないのか。
 
で、送ったはいいものの、今時のサポートなら当然あるべき受付確認メールがないという。
まぁ、リセットってのはこの認証システムでは定型業務だから、自動処理になってて確認メールを送る必要もないのだろうと思っていたら、返信が来たのが4日後ですよ。
(自動処理なら、あんなメールフォームな訳もないが)
 
で、その内容が「登録されているメールアドレスと違います」と来た。
 
 ○市民ID
 ○とそのパスワード
 ○市民IDに紐付けられた本体のシリアルコード
 ○各種DLCのシリアルコード
 ×メールアドレス
 
シリアルコードをリセットするにあたって、メールアドレスが必要な情報なの?
その再送でまた4日かけるの?
いくらもらってるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

G-SYNCとネイティブPCI-E SSDが見えてきた

CES2014はいろいろ注目のハードが出ていました。
AMDはKaveriに自信を持っているようですが、MantleでFPSが向上するのと、G-SYNCでFPSは低くてもティアリングが見えなくなることと比べれば、断然後者の方がいい訳でして。
理想はRadeonでもGeforceでもどっちでも、MantleやG-SYNCが使えることだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

年末年始のゴミを片付けていたら

例のアクリフーズ群馬工場製造ピザの包装が出てきました。

完全に食べちゃいましたけどね。
最近ちょっとおなかが痛かったことはありましたけど、混入はされてなかったんじゃないですかね。
食べちゃったから返品もできませんしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます

ウマいことが思いつかなかったので、毎年大晦日までには書き終えていた新年のご挨拶が年とウマでに間に合いませんでした。

やる気どころか才のウマで枯れ果てつつあるのかと悄然たる思いではありますが、ウマまで通りのご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げますウマ。
 
さて。
今年は去年にも増してモバイル一辺倒の年になると思われます。
PCなんかもう買わなくていいんじゃないかと思いつつも、Geforce 780 Tiを買ったのは、去年においての最低限の抵抗ではありました。
しかしまぁ、いくらなんでも今年はCPUを何とかしたいという思いもあります。
そういう意味では今年前半に予定されているHaswell Refreshはいいタイミングだと思うのですが、いいタイミングである理由のひとつに、Broadwellがメインストリームではスキップされる(もしくは先送り)というかなりネガティブなものが含まれているという点も自作PC界隈の先行きの暗さを象徴しているものがあり、暗澹たる思いであります。
ぶっちゃけ、ゲームとPCに余計なお金を使わなくなって、財布にはとても優しいんですけどね。(無理やり去年と同じ締め)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »