« とうとう | トップページ | DOAXVV MOD+vorpXで3D立体視 »

2019年4月 5日 (金)

去年の9月に

Intelのキャンペーンでもらった8086KをベースにPCを組み始めましたが、グラボを旧PCから流用したために完成とは言えない状況が続いていました。

で、この度グラボを買いまして、ようやく新PCが完成しました。

  • CPU Intel Core i7-8086K → 0円
  • CPUクーラー Corsair H60 → 約7,800円
  • マザーボード ASUS TUF Z370-PLUS GAMING → 約15,600円
  • 電源 玄人志向 KRPW-PT800W/92+ → 約12,000円
  • メモリ DDR4 16GB → 約15,000円
  • SSD Samsung 970 EVO → 約19,000円
  • VGA Palit RTX2070 GamingPro OC → 約58,000円

合計13万円ぐらいですか、あんまり考えたくないので正確には計算していません。

ベンチをとる意味をあんまり感じませんが、一応。

  • 3DMARK TIME SPY - 9137 (Graphics 9201 CPU 8791)
  • 3DMARK Fire Strike - 20974(グラフィックス 23936 物理 21561 総合 10654)
  • ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター 1920x1080 最高品質 - 19034
  • ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター 2560x1440 最高品質 - 14595

価格に見合うかどうかは微妙な所ですが、問題はやるゲームがないことだという気も。

若干気になるのは、デフォルト設定でベンチ中、2070のコアクロックが2GHz近くまで上がってる事なんですけど大丈夫なんですかね、これ。ブーストクロック1710MHzと書いてあるような・・・。

|

« とうとう | トップページ | DOAXVV MOD+vorpXで3D立体視 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とうとう | トップページ | DOAXVV MOD+vorpXで3D立体視 »