2013年10月 2日 (水)

ミス・モノクローム

超展開っぷりとかキャラとか、なんかファイアボールを髣髴とさせるような・・・。
ショートアニメだからか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

やっぱ

偽物語5話ED

一週遅れの放送は厳しいなぁ・・・。

偽物語の原作は読んだし、先が気になるということはないはずなのに、とにかく観てみたい。

とは言うものの、BS11以外の選択肢があるわけでもないしなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

STAR DRIVER 輝きのタクト 最終話 僕たちのアプリボワゼ

タクト

とにかく熱い。そして清々しい終わり方。久々にいいものを見ました。
ここまでなんだかんだあって、最後に親子相克(である必要はあったかどうかはおいておくとして)と三角関係に話を収束させたのは素晴らしいと思います。

タウバーン

でも正直、もうちょっとバックグラウンドに踏み込んでほしかったなというのはあります。
22話でそれなりに触れられてはいますが、部長っていったい何者なんでしょうか。

ザメク

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月27日 (日)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第24話 ひが日死の巫女

ザメク

仮面を外さないと誰が誰だかわからないという設定上の演出を、こんなシリアスなシーンで改めてやられてしまうと、どう反応していいのか困ります。
それはともかくとして、もう最終回を残すのみとなりましたが、このお話は本当にうまくまとまるのでしょうか。
アニメ誌等は見ていないのでわかりませんが、「続きは劇場で」オチだったらどうしよう…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月20日 (日)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第23話 エンペラー

23

スガタの意表を突くダサさにワロタ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月23日 (日)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第16話 タクトのシルシ

16

ここに来てようやく、タクトが島に来る前の話が語られました。

それにしてもタウバーンに乗って綺羅星十字団と戦うことが、「やりたいこととやるべきことが一致」しているとは思えませんが、まだまだ語られていないことの方が多いんでしょうね。

ミズノと「疑似家族」ですが、あれはまぁミズノの二重人格的なものが自身の強力な第1フェーズの力によって具現化したのでしょう。

だとすると、ラストのシーンが???となりますが、物語から退場するキャラの特権って奴ですかね。

とにもかくにも、榎戸洋司氏による新たなる革命の物語は終幕に向けて突き進む・・・と思いきや、次回は今さら新キャラ&水着回、だと・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月13日 (木)

僕は藤岡ハルヒたん!

コネタマ参加中: 一緒にデートしたいアニメキャラは??

一緒にデートしたいとかそういう妄想をしないたちなので色々考えましたが・・・

○本真綾とかなんで人気があるのかわかんないんだけど、
桜蘭高校ホスト部の藤岡ハルヒは凄く好きなキャラクターです!

デートしてもあんまり気負わなくてよさそうな天然系はいいですよね。

それはともかく、個人的には桜蘭高校ホスト部っていうアニメとの出会い自体が奇跡!

アカギの後番じゃなきゃ、「どうせ腐女子向けアニメだろ・・・」って感じは否めなかったし。(実際そうなんだろうが)

構成・脚本が、あのウテナの榎戸洋司っていう所も凄いよね。

っていうようなことを書けばいいんですかね。

ブログというのは、そこまでして更新しなければならないものなのでしょうか。

そもそもこのブログはブログとして使ってない(つもり)のでどうでもいいんですが。

| | コメント (0)

2008年11月 7日 (金)

タイタニア 第5話 憧れと、誇りと

Snapshot20081107000424

我慢してここまで見てきましたが・・・、これはちょっと厳しいですね・・・。

とにかくキャラデザに慣れないのと、脚本の浅はかさがつらすぎます。

今回は原作には無いオリジナル回なので、脚本が特にひどかった。
少なくともジュスランはあの世界における知性の象徴な訳だから、あんな意味不明な失敗はしないはずで、話の流れ的にも面白みが無く実にしょぼい。

キャラデザは小説の挿絵があったはずなのに、こんなイメージとかけ離れたものにする必要があったのかはなはだ疑問です。
ヒューリックと系統をダブらせるなんて、どこまで無能なのかしら。

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN22 「皇帝 ルルーシュ」

Snapshot20080908024457 Snapshot20080908025148 Snapshot20080908024919

なんかもうルルーシュが悲惨すぎて見てらんないんですが・・・。

ストーリーテリング的にルルーシュの勝利でエンドってことだけは無いのはわかりますが、少しは救いのある結末を期待したいものです。

| | コメント (0)

2008年5月18日 (日)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN7 「棄てられた 仮面」

Snapshot20080518180152

「ナ、ナナリー」「ハッ」
騙されてる事に気づいた表現のはず、なのに・・・

Snapshot20080518180442

「私は行政特区日本を再建したいと考えています」「!?」
ナナリーもスザクぐらいには相談したらどうなんだ。

Snapshot20080518180807

神楽那がゼロの妻というのは、神楽那が勝手に言ってるだけだと思いきや、黒の騎士団内でもそういう認識になってる模様。
そうすると、CCとカレンがゼロの愛人というのも黒の騎士団内での共通認識ということに・・・。

Snapshot20080518181002

おもしろギアス祭り。しかし、これだけの出番のキャラに名前があるということは、後々の伏線になってたりするんだろうか。

Snapshot20080518175755

シリアス展開の後半での(ギャグ)ハイライトシーン。やっぱゼロはこれがないと・・・。

| | コメント (0)